blog

「国際標準論理文章能力検定」を実施しました!

2019年06月23日
マイシフト名大附属中受検コースでは、「国際標準論理文章能力検定」を実施しました。

名大附属中の適性検査は、検査Ⅰは記述式の問題が多く、検査Ⅱは作文を完成させるため、他の学校よりも「書く」能力が求められます。


この検定は、「読解力」「思考力」「表現力」の到達度をはかることができます。

事前に自分の力を確認しておくことは、名大附属中の適性検査においても大きく役立ちます。


マイシフトでは、名大附属中の検査Ⅰ・検査Ⅱの記述・作文対策として、今年度から「ロジカル」の授業を導入しています。

論理的に思考し、表現する力は、今後の人生においてもきっと大きな力になると思います!

次回は11月になります。どんどんチャレンジしていこう!