blog

歴史体験講座―石包丁を作ろうー

2020年10月25日

日本各地で、田園が黄金色に輝く季節になりました。

今日は、いりなか駅前校と本山校で、古代に想いを馳せながら、石包丁を作り、稲作体験です!

歴史体験講座の前には、「楽しく書ける作文講座」を開講しました。

この秋、2回目の開催ですので、前回から参加のお子さまは、上達ぶりが見られました。

歴史体験講座では、まず弥生時代の稲作について学びました。

田おこし、田植え、稲刈り、保存…工程の違いに子どもたちもビックリです。

弥生時代の道具と現代の農業機械をイラストで比較しながら、勉強していきます。

そして、石包丁作りです。みんな必死に石を削って、形を整え、歯を鋭くしていました。

いよいよ稲刈りです。今回は、なんと本物の稲を刈ってもらいました。
本物の稲を始めて見るお子さまもいらっしゃいました。

現代の根刈りと違い、穂首刈りです。

お土産として、高床倉庫のペーパークラフトもプレゼント。

おうちの方と一緒に作って、刈り取った稲を入れてみてください。
ねずみ返しもちゃんとついていますので、安心ですよ笑

本イベントは、11月1日に金山駅前校と新瑞橋駅前校でも開催されます。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください!