blog

【私国立中学受験コース】7/17「第4回志望校別 算・理集中特訓」(小6)

趣旨 志望校合格への意識を高めていくための志望校別特訓の第4弾です。 算数・理科における最頻出・最重要単元を集中的に特訓し、合格力を養っていきます。
対象 小6
日にち 7月17日(日)13:30~16:45
開講校舎 金山駅前校
コース トップレベルコース(滝中・東海中・南山中女子部志望の方対象)
ハイレベルコース(愛知淑徳中・名古屋中・南山中男子部志望の方対象)
実施内容 【トップレベル】
・算数「頻出単元集中特訓-相似に関する問題ー」
相似といえば、「ピラミッド型」と「砂時計型」の2種類が頭に浮かぶかと思いますが、トップ校ではそれ以外の相似な三角形も出題されます。どこに注目すれば相似な三角形を見つけられるのか、特殊な相似のパターンを紹介しながら、トップ校の問題に対応するために必要なことをお伝えします。

・理科「頻出単元集中特訓-水溶液に関する問題-」
トップ校で頻出の水溶液に関する問題、特に水溶液の性質についての問題を中心に扱います。水溶液についての色々な性質をきちんと知った上で、いろいろな手がかりをもとに水溶液を分類する問題がよく出題されます。この講座で、土台となる基礎を確認するとともに、応用力を鍛える問題にも取り組んでいきましょう。

【ハイレベル】
・算数「頻出単元集中特訓-コンパスを使用した図形の移動ー」
多くの受験生が苦手とする図形の移動の問題を、実際にコンパスを使用して解いていきます。毎年コンパスを使った作図問題が出題される南男志望者はもちろんのこと、それ以外の学校の志望者についても、コンパスを使って作図をすることで図形が移動する感覚をつかみやすくなります。この講座で図形の移動の問題への苦手意識をなくしていきましょう。

・理科「頻出単元集中特訓-水溶液に関する問題-」
受験生によって得点力に差がつきやすい、水溶液に関する問題を扱います。5年生の時に学習した水溶液の色々な性質を復習しつつ、応用問題にもチャレンジしていきます。水溶液の問題に対する苦手意識をなくし、得点源にできるようにしましょう。
受講料 6,600円(税込・テキスト代込)
次回以降の実施予定 夏の志望校別算・理集中特訓:8月9~8月12日
申込方法