資料請求
MENU

公立中高一貫校

公立中高一貫校とは

6年を通じたきめ細やかな教育が費用を抑えて、受けられる人気の公立中高一貫校。 6年を通じたきめ細やかな教育が費用を抑えて、受けられる人気の公立中高一貫校。

小学校卒業後、住んでいる地域ごとに決められた学区にある公立中学校に進学するだけでなく、
中学受験をして、私立もしくは公立の中学を目指すケースも少なくありません。

ここでは、「公立中高一貫校」について詳しく解説!

愛知県公立中高一貫校 情報

2022年7月26日時点の情報です。詳しくは、愛知県HPをご確認ください。

概要

・2025年4月開校(現在の小4が一期生)

明和高校 半田高校 津島高校 刈谷高校
併設校から進学可能な学科 普通科
音楽科
普通科 国際探求科
1
普通科
募集学級数 2学級
2
2学級 2学級 2学級
通学可能な地域
3
尾張学区
音楽科は県内全域
尾張学区 県内全域 三河学区
(大府市、豊明市、東浦町含む)

表全体が表示されていなかったり、スマートフォンやタブレットでご覧の場合は、横にスワイプまたはスクロールしてご覧ください。
1 現在の普通科国際理解コースを国際探求科として改編。
2 音楽科は5~10人程度の少人数で中高一貫教育を導入。
3 県外募集は、今後検討。

入学選考

  • 適性検査(小学校学習指導要領の範囲内で思考力、判断力、表現力、課題解決力等を総合的に測る)
  • 面接(中高の6年間学び続ける意欲や志望動機、適性、コミュニケーション能力などを見る)
  • 調査書(小5・小6の内容、点数化はしない、入学者決定の際の参考とする)

調査書の内容や抽選の導入の有無は、今後検討。

教育内容

明和・半田・刈谷

先進的な理数教育を実施するSSH(スーパーサイエンススクール)として、中学段階から大学や企業と連携して探求学習に取り組む。

津島

国際的な教育プログラムである国際バカロレアの導入を目指し、国際交流活動にも取り組む。

探求を深めるための先取りはするが、大学受験対策のためだけの先取りはしない。

「中高一貫教育制度」とは?

公立に通う子供たちが選択肢を広げられるようにと、1999(平成11)年に導入された中高一貫教育制度。文部科学省ホームページ(https://www.mext.go.jp/)には、中高一貫教育の概要が記載してあります。導入の趣旨は、以下のとおりです。

「従来の中学校・高等学校の制度に加えて、生徒や保護者が6年間の一貫した教育課程や
学習環境のもとで学ぶ機会をも選択できるようにする。
それにより、中等教育のさらなる多様化を推進し、
生徒一人ひとりの個性をより重視した教育の実現を目指す」

中高一貫校は3つのタイプがある

1.中等教育学校

1.中等教育学校

1つの学校として、一体的に中高一貫教育を行います。­­
高校からの生徒募集は行わず、中学から高校まで6年間変わらない環境と切れ目ないカリキュラムの下で一貫した教育を提供します。

2.併設型の中学校・高校

2.併設型の中学校・高校

高等学校入学者選抜を行わずに、同一の設置者による中学校と高等学校を接続します。中学と高校が併設されており、高校でも新たに生徒を募集します。

3.連携型の中学校・高校

3.連携型の中学校・高校

市町村立中学校と県立高校など、異なる設置者間でも、実施可能な形態で学校と高校が、教育課程の編成や教員・生徒間交流等の連携を深める形で中高一貫教育を実施します。

併設型中高一貫校とは?

併設型の中学校・高等学校は、既存の高等学校に中学校を併設して、中高一貫教育を行います。

中学校へ進学するための試験がありますが、高校へは無選抜で進学できます。高等学校の募集を行うため、高校から生徒が新たに入学してくるという特徴があります。部活や文化祭、体育祭なども高校生と一緒にやる機会が多くあります。高校生が居ることで、上下関係を早くから学び大人の居る環境に入れます。

また、大学受験が身近に感じられるので中学時代から意識できることも特徴です。

現在愛知県にある併設型中高一貫校

国立1校(名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校)
私立16校(東海中学校・高等学校など)

公立中高一貫校の「受検」とは?

公立中高一貫校の入学選抜に関しては、「学校教育法施行規則」の規定により、「入学選抜にあたって学力検査を行わないものとする」と定められています。

学力検査を行わず、学校の個性や特色に応じて、多様で柔軟な方法を適切に組み合わせた選抜方法を検討した結果、適性検査が行われるようになりました。そのねらいは、単なる知識の詰め込みではなく、自分で問題を解決できる力を持ち、リーダーシップを発揮できる子どもたち、すなわち将来の日本を担っていく原石を見出すことにあります。

公立中高一貫校の「受検」とは?

適性検査とは?

適性検査の出題は教科横断的なものが多く、教科ごとの学力を判定するための学力検査とは異なるという考え方のもとで実施されています。また、一般的な私立中学入試と違い、小学校で習わない知識や特別な解法が必要な問題は出題されません。

求められる力は、主に以下の3種類に大別されます。

  1. 小学校の学習内容の定着度と応用力
  2. 文章や資料、写真や図から必要な情報を引き出し、課題を発見し、解決の工夫などを考える力
  3. 資料・文章の内容を理解し、自分の考えを論理的に表現する力
ポイント1

小学校の学習内容を
しっかり理解しよう

2.併設型の中学校・高校

文章や資料から
情報を分析する力を身につけよう

3.連携型の中学校・高校

文章や資料の内容を理解し、
自分の考えを論理的に表現しよう

具体的な検査内容は?

多くの中学校で、検査・検査など、複数の課題が出題されます。
以下は、主な実施内容例です。

具体的な検査内容

1.調査書・報告書

小学校の先生が作成する資料で、9教科の評点をメインに、出欠や特別活動を記録したものです。多くは、5・6年生の2年間が対象となります。

2.適性検査

教科横断型の問題が出題されます。都道府県によっては、中高一貫校の問題が一部共通化されています。大きな傾向としては、全体を通じ「なぜ、そう思うのかあなたの考えを書きなさい」というような、答えが1つに決まらない「考える力」を問う問題が見られます。

3.作文

与えられた文章や資料をもとに、それに関する課題について、自分の体験・経験・知識をふまえて400字から500字程度の作文を書きます。

4.面接など

個人面接や集団面接、グループ活動など、学校によって形式が異なります。

上記のほか、学校によっては、受験生本人の直筆による志望理由書が必要とされ、面接時の資料とされることもあります。